保険業務 - 名古屋経営コンサルタントMPC

万が一に備え、企業の永続を願って。

企業の永続を考えれば、万が一の事態にも対応できる体質作りをしておく必要があります。

MPCでは生命保険会社・損害保険会社とそれぞれ代理店契約を結び、
お客様の業種・業態などを考慮した最適な保険商品のご提案を行っております。

しかし、MPCは経営コンサルタントを基幹業務とする会社です。

保険収入で生計を立てている会社ではありませんので、過度な勧誘等はしておりません。
お客様にとって本当に有益だと思われる保険商品のご提案のみをさせていただいております。

MPCではお客様の「万が一の時の経済的リスク」に対してコンサルティングを行い、
経営コンサルタントならではの視点とスキルによって、現在のライフステージに合わせた、
法人様にも個人様にもご満足していただける保険商品のご提案を心がけています。

ページ上部へ戻る

保険の加入の前に考えたいこと。

まず第一に、保険とは「万が一の時の経済的リスクを低減するために」加入するものです。

ここが重要です。

「経済的リスクの低減」でしかないことをご理解ください。
これは、生命保険でも損害保険でも変わりません。

日常の生活においても、企業の存続においても様々なリスクが付きものです。
保険で保障されるのはあくまでも経済的な部分でしかないことをご理解ください。
逆を言えば経済的なリスクがないところでは、保険加入の必要はありませんし、必要以上の加入もいりません。

前述の通り、保険の目的は「経済的リスクの低減」にあります。

つまりは、「万が一の時の経済的なリスク」がどれくらいあるのかを認識する必要があります。
例えば、一般的なご家庭の場合でしたら「ご主人様が病気で長期の入院をされたら」とか
「賃貸のマンションで火災が発生したら」などがそうです。

企業の場合でしたら、「社長様に万が一のことが起こってしまったら」とか
「社員様が社用車で車両事故を起こされたら」などです。

人それぞれ、企業それぞれで環境が異なるために一概に言えませんが、
様々なリスクに応じて想定される経済的リスクも異なってきます。

ページ上部へ戻る

保険見直しの必要性

加入している保険の見直しをする場合に大切なことは、単に保険料の見直しに終始しないことです。

保険はその時世の法律と深く関係しています。
過去にご加入された保険は現在では加入できないものもたくさんあります。

逆に、現在では同じ保険料でも保障の内容が充実していたり、
保障の内容が同じでも保険料が安くなっていたりもします。

また、加入当時と比較して個人様の生活環境や企業様のステージの変化なども考慮するべきです。
保険の見直しの際には、現在の環境とリスクを照合した最適な商品をご提案いたします。

ページ上部へ戻る

保険業務概要
保険活用のススメ